こだわりのコーヒー陀陀

店 名:陀陀(だだ)

住 所:神奈川県相模原市相模大野
      5
2543
TEL/FAX0427431120

営業時間:10:3019:00
定 休 日:日曜日、祝日

最寄駅:小田急線相模大野駅より
    徒歩
10 相模女子大正門前

相模女子大の正門前に位置し、立地的には喫茶店に向いている場所であるが、豆売りだけの店です。その外観から喫茶店にも見えるので間違えて入ってくる人もいるそうです。お客様の間でも喫茶をやって欲しいとの要望もあるようですが、先送りしています。
 焙煎は
3kg釜にて1日20回程度こなしていて、1s、2s、3sとその日の販売量に応じてこまめに焙煎しており、喫茶に手が回らないのが大きな理由といいます。

店主である三橋澄子氏のこだわりの一つに「生豆は出来るだけニュークロップを使用する」ことがあります。新鮮な生豆は、焙煎は難しいがパワーがあり自分の好みに適しているといいます。原料豆の持ち味を生かすため、ストレートが多く17種類、ブレンド5種類、他にリキッドコーヒーを3種類 (モカ、ブルマン、陀陀) 作っています。

 良い原料(高い原料でなく)を使うことで、自分の納得できるコーヒーを販売することを心掛けており、新しい生豆が入れば、まず試し、気に入った物だけを商品にしています。

 また三橋氏の父は調理の仕事をしていたこともあり、インスタントコーヒーもそれ程普及していない子供の頃からネルドリップのレギュラーコーヒーを飲んでいたそうで、コーヒーに対しての思い入れ、情熱は人一倍強く、この思いが地方公務員を辞めてこの道に入ったきっかけにもなっているのです。最初は自分で飲むコーヒーを手網で焙煎していたそうです。

 地方発送は特別宣伝しておりませんが、引越をした方からの注文や、『知り合いから陀陀のコーヒーを戴いたが、送って貰えるか?』等の要望に応じて始め、最近では数量的にも多くなっています。また価格は開業以来変更しておらず、客層は主婦ばかりでなく男性も多いそうです。

 また、有機栽培をテーマにメキシコへ現地視察に行き、こだわりの有機栽培、選択肢の無い有機栽培など、さまざまな課題があると感じたそうです。

こだわりのコーヒーで、地域一番店としてお勧めできる店です。


 
あかね珈琲店
店名  あかね珈琲店
住所  高蔵寺本店 愛知県春日井市岩成台4-7-8 0568−91−1314
    勝川店   愛知県春日井市旭町1-26   0568−34−0294
定休日 本店  日曜日
    勝川店 日曜・祝祭日
 1968年(昭和43年)日本3大ニュータウンの1つ「緑と太陽の町」のキャチフレーズで造成された高蔵寺ニュータウン。春日井市民の誇りであり、市の人口の約3分の1がこのタウン内に住んでいます。いわば住宅都市型の街です。そしてニュータウン内に創業15年独自の珈琲焙煎の歴史をつくった直火焙煎手作り珈琲のお店「あかね珈琲店」が聳え立っています。

 店長の波多野氏は25年間この業界に携わり、某ロースターの営業マンとして活躍していました。20年前の或る日、コーヒー生豆(原料)に対する数々の疑問を抱き始めました。 素材に対する疑心暗鬼な気持ちが開業のきっかけになったとその当時をふりかえって熱く語ってくれます。「高品質の素材を生かした珈琲」をお客様に啓蒙したい!!! その情熱が1985年(昭和60)に実を結び、お店のオープンに辿り着きました。当初は自分で焙煎した珈琲を15席の店でカップ/挽き売り店としてお客様に提供していました。


 その後、勝川(春日井市の南部)に挽き売り専門店を出店し、1997年(平成9年)に高蔵寺で挽き売り専門店をリニューアルし、進化を遂げています。店長の珈琲に対するこだわりは「コーヒーは鮮度が生命」=焙きたて、挽きたて、淹れたてのコーヒー三原則=新鮮なコーヒーは健康食品。この方程式を成り立たせる為、厳選した良質の生豆を自家焙煎し、丹念にハンドピックを欠かせません。そして、「コーヒーは生き物です」とお客様に、さらに「点て方、保存方法、豆など」も細かく説明してくれます。
 種類はブレンドが16品、ストレートが17品、あと季節限定の商品も販売しています。ユーザーがいろいろな味、各国のコーヒーを体験できる、お客様主導選択型のサービスは購入する側からしてみたら楽しみのひとつです。
コーヒーファンの期待と夢の味覚を求めて日進月歩し、地域の発展、社会貢献のために努力し続ける「あかね珈琲店」。

21世紀もおいしい珈琲をコーヒーフリークに提供します。