アジアコーヒー
店名:アジアコーヒー

住所:茅ヶ崎市東海岸南2-2-9

電話:0467-85-5841

FAX0467-86-9351

営業時間:10001900(月〜土)
    :10001800(日祭日)  

定休日:毎週火曜日

ホームページ:www.cafex.co.jp

JR東海道線茅ヶ崎駅南口から海岸に向かう道路を500mほど行った交差点を左に折れ、通称鉄砲通りを200m程の東へ行った右側にある新築3階建ての建物の1階に、コーヒーと輸入食料品の店「アジアコーヒー」がある。

道路に面した建物の中央にある入り口を入ると、20坪程の店内はコーヒー関連商品と国内外の食料品で埋め尽くされている。欲しいものが何でもありそうな気がする。

コーヒーのコーナーは入り口から左奥にあり、カウンターの右側にはコーヒー豆の棚があり、昔懐かしい駄菓子屋の瓶のストッカーに入れられた25種類のコーヒー焙豆が並んでいる。お客様に美味しいコーヒーを飲んで戴くために、店主の永田氏が、半世紀に渡る経験と技術を持って、厳選した世界各国の良質なコーヒー生豆をその一番美味しい味を引き出すように焙煎・ブレンドしたコーヒーばかりである。また、粉でコーヒーをお求めのお客様には、渋みや雑味の元になるシルバースキンを独自の方法で取り除いてくれるため、受渡に少々時間が掛かるが、そのコーヒー()は均一な色をして、いかにも美味しそうである。新鮮な内に飲み切っていただきたいと100gから販売してくれるので、いろいろなコーヒーを試しに購入することが出来るのもコーヒー党にはうれしい。

永田氏は15年前に現在の場所より300m程東の道路の反対側で「アジアコーヒー」を新規開店、店舗の拡張のため昨年12月に現住所に移転。

毎月「今月のおすすめコーヒー」として、珍しいコーヒーや新しく入荷したコーヒーなどを格安(2030OFF)に販売している。今月は「セレベストラジャコーヒー」を提供。ちなみに、先月は「ガラパゴスコーヒー」で大好評だったそうです。

毎月月末から月初めの10日間は全商品の割引セールを実施、商品により10〜50%OFFにて販売している。

皆さんも美味しいコーヒーを求めて

「アジアコーヒー」を訪れてみては如何ですか!

    

 


こだわりのコーヒー店 さいふぉん亭

店名      さいふぉん亭

住所      京都市左京区一乗寺大田原町26−1

電話      (075)702−8080

営業時間   10:00am〜10:00pm (定休日 : 火曜日)

 近辺には詩仙堂などの名跡が残る京都の洛北、叡山電車一乗寺(いちじょうじ)駅から歩いて5分ほどの所に‘さいふぉん亭’があります。お店の東側には、一両で走る叡山電車が通り、何処と無く田舎の風情を残した風景に映ってきます。心地よい風が川岸に抜け、河原に咲く四季折々の花は、お店の南側にあるサンクチュアリー部分から眺めることが出来る一等地に配置しています。

 一歩店内に入ると、センスよく生けられた花と、大きなガラス張りの窓が非常に明るく演出され、非日常の空間として出迎えてくれます。この店では、1つのコンセプトに沿って年々新しい試みを行うようにされています。その根底には、日々変わっていくお客の嗜好に対応するために、店も同じように変わっていかない限り、いずれ支持されなくなってしまうという考えからです。このように出来上がった新しい試みと、培ってきた歴史は、年々店の重みとなって集客を可能としてきます。

 また、コーヒーに対する考えも、オーナーの吉岡さんのこだわりが随所に見られ、それは一つの美味に対する哲学から知ることが出来ます。‘卓越した世界の美味は、和洋中を問わず深く澄んで、切れていること’。こうした考えから作り出されるコーヒーは、店名からを察することができるようにサイフォンに固守したものを提供しています。オーダーを受けてから、1杯分づつミルで挽き、サイフォンで点てられる姿には、昔の珈琲専門店のスタイルと、新しいカフェの融合が見受けられます。手間と時間、技と歴史。こうした目に見えないサービスを含んで提供される1杯のコーヒーを傍らにしてこそ、安らぎと至福の時間が約束されるのかもしれません。


こうした確固たる信念に基づいたオーナーだけに、原料選びには神経を使うと言います。使用原料の全てがスペシャルティー・コーヒーであるのは間違いないのですが、その中で更に選りすぐれた品質のコーヒーを選び出すために、膨大な時間を費やすことから始めるといいます。そうして選ばれたコーヒーは、店内に鎮座する焙煎機によってローストされ、ハンドピックとカップテストをクリアーした商品のみが、店内入り口近くの挽き売りストックで販売されます。


 また挽き売りストックと同じ場所に設置された冷蔵ショウケースには、奥さんのこだわりが詰まった手作りケーキが並べられています。その日その日に作られるケーキは、決して種類が多くはないのですが、‘食べて感動するケーキ’と表現すれば、材料へのこだわりもご理解頂けるのではないでしょうか。コーヒーとケーキ、どちらもが主役で、どちらが脇役であるのかと頭を悩ませるほどの品質は、共にいつ食しても脱帽してしまいます

ぼんやりと聞こえるBGMに、季節を感じながら美味いコーヒーを頂きたい。

陽だまりの中で過ごす時間に、美味いケーキを頂きたい。

そんな大人の時間にぴったりのお店かも知れない