京都各線烏丸駅から徒歩5分。烏丸通りから一本西の通りに面する落ち着いたロケーションに、マエダコーヒー本店、すぐ近くに明倫店がある。各店ともコンセプト通り主張し過ぎることなく存在している。外観同様、インテリアにおいても旧さとシンプル&モダンの融合が特徴的。



本 店 老舗らしく、また京都らしい外観の店構え、店内は木目調の壁・床、明るすぎない照明は、落ち着いた雰囲気で「昭和」を感じることができる。

明倫店 平成5年に閉校した明倫小学校(現・京都芸術センター)内にあります。木造校舎の教室を改築(リメイク)して作られた店は、随所にその名残がありアンティークな空間になっている。老若男女が集いどこか懐かしさ、暖かみを感じる雰囲気に仕上がっている。

本店 外観 明倫店 外観


 本店、明倫店ともに店はレトロな雰囲気にも関わらず、メニューのバリエーションはとても豊富で常に新しいものを取り入れ、斬新なアイデアメニューが取り入れられています。
 本格派自家焙煎店としても名高い同店のコーヒーは、各産地のコーヒー生豆原料を吟味して選び、煎りあがったコーヒーは、お客様に一番おいしいものを提供できるようにと、ブレンドの配合を何度も試行錯誤を繰り返し、最高の一杯を作り上げていきます。品質の高いコーヒー、グレードの高いコーヒーをテストし、気に入った良いコーヒーは積極的に取り入れ、焙煎技師の加藤さんが本店に隣接する焙煎ルームで精魂込めて焙煎します。すっきりとした味わいが自慢のコーヒーや完熟豆を使用した甘みを特徴としたコーヒーなど満足いく品揃えです。もちろんコーヒー豆の販売も行っており、自宅でマエダコーヒーの味を楽しむこともできます。

本店  店内 珈琲焙煎 豆売りコーナー

 自家製ケーキなどのスイーツも充実しており、常連客はもちろん観光客からも好評を得ており飽きさせることがない。なかでも「カプチーノパフェ」はコーヒー好き・甘いモノ好きの要望をたっぷりと詰め込んだ一品ともいえる。もちろんフードも多彩で、ボリューム満天のサンドイッチをはじめ、カレーライス、パスタ、など食事の場としても最適です。

 
 スタッフは白色のユニフォーム、黒パンツときっちりとした身だしなみで清潔感が溢れています。お客様の様子を常に把握し水を交換するなど、接客態度そのものと目立たない心配りは忘れません。また、きっちりと分煙された店内は愛煙家、嫌煙家共にゆったりと過ごせる場所で思わず長居してしまうくつろぎの空間です。

 

 老舗としての伝統を受け継ぎながらも、「コーヒー」を中心とした型にはまらない店作りを心がけている。日本の文化は茶道に通じると、コーヒーのお茶会を開催したり、ジャズの演奏会や映画とのタイアップなども積極的に行い、おいしいコーヒーと共にお客様により楽しい時間、くつろいだ時間を提供し、明日への活力となるような時間を過ごして欲しいと社長の前田剛氏。和洋折衷、温故知新、全てが当てはまる飽きのこないそんな雰囲気。新しいメニューへの取り組みはこれからまだまだ続きます・・・。次は何が待っているのか楽しみです。

現代社会の忙しい毎日の生活を

              リセットすることのできる店 


和・洋・旧・新  いろいろな味と香りに出会い

        ふと幼少の記憶が蘇るかもしれません


【本店】

 京都市中京区蛸薬師通烏丸西入橋弁慶町236
 075-255-2588
 平日:7002200
 日・祝日:7002000

【明倫店】

 京都市中京区室町通蛸薬師下ル山伏山町546−2

 京都芸術センター内1F

 075-221-2224

 10002130

 【行き方】各店とも

 地下鉄 四条駅 阪急烏丸駅 22番、24番出口より徒歩5分

 【その他】

 錦店
 京都市烏丸錦南西角梅軒ビルB1

 075-211-2295

 7002130/日祝休


 四条店

 京都市烏丸西洞院西入ル南側
 075
2561496
 7:00
19:00/日祝休